田村毅研究室

03-6804-2191受付時間:AM9:00~PM4:00 火曜~金曜

ホーム > 相談方法と診察料 > 不登校・ひきこもりとは

不登校・ひきこもりとは

不登校・ひきこもりとは?

 人との関わりに自信を失い、家族以外の人と関わることを避けるために学校や会社などの社会生活から撤退することです。

不登校は、学校に行かないこと。

ひきこもりは、外部の人との接触を断つこと。

背後の心理メカニズムは類似しています。

ひきこもりのメカニズム

 ひきこもりは子どもの関係性から大人の関係性へスムーズに切り替われない状態です。 まだ十分な自信と実力が育っていないうちにソトの世界に飛び出すと、傷つき、怖くなり、自信を失い、人との関わりから全面撤退します。

短期間ひきこもることは心の成長に必要です

 傷ついたら休むことが大切です。1−2週間程度ひきこもり、元気を回復して再び飛び出します。

ひきこもりが長期化すると、大きなストレスになります。

 ひきこもる期間が2週間以上続くと、ひきこもっていること自体がストレスとなり、戻りにくくなります。しかし、適切な働きかけさえあれば、いくら長引いても回復するチャンスはたくさんあります。

巣立ちの時をつくる

 若者は勉強、学校、友だち関係などに傷つきながら、人生のハードルに挑戦し、成功体験を得て自信を獲得し、大きく成長します。ハードルを跳ぶのは怖いので立ち止まってしまいます。「大丈夫。きみなら跳べるよ!」と、優しく、力強くハードルを越える後押しを与えます。

対人関係の発達とひきこもり

 思春期は大切な人との関係性が大きく切り替わる時期です。10〜12歳くらいから思春期が始まり、10年ほどかけて大人の関係性に変化していきます。

子どもの関係性 大人の関係性
近しい関係(家族) 遠い関係(学校・職場・世間)
近守られたウチの世界(同質性、閉鎖系) 傷つくソトの世界(異質性、開放系)
自分中心の世界(万能的自我) 他者と折合う世界(社会的自我)
依存(対象との一体感) 自立(対象からの分離)
他者(保護者)の責任 自己責任
子どもの関係性

 子どもは自分の身を守る力を持っていません。親など近くにいて保護してくれる人との依存関係の中に生きています。自らの力ではなく、保護者のエンジンで動きます。したがって物事がうまくいかないのは保護してくれる人の責任であり、自分自身で責任を取れません。傷つきを自分自身で修復する力を持っていません。自分の思い通りになる100%か、すべて諦め全面撤退する0%のどちらかで、その中間がありません。

大人の関係性

 ソトの世界は自分のことを理解してくれない遠い人たちです。自分を全面的に受け入れてくれず、必ず傷つきます。こうありたいという自分の思いは全部は果たせず60-70%に目減りしますが、それを受け入れ他者と折り合います。失敗しても全面的に撤退することなく、前に進み続けるうちに少しの成功体験を得て、徐々に自信を獲得します。そのようにして、外の世界に自分の居場所を見出します。

ひきこもりの回復段階と家族の支援策
  状況 家族の支援策
葛藤期 イライラ、焦り。身体の不調。攻撃性 安心してひきこもる環境。守る愛が中心。ストレスを解放する
自閉期 人の交流を絶つ。昼夜逆転 安心してひきこもりから脱出できる環境を与える
試行期 少しずつ社会との接点を回復する。成功と失敗を繰り返す 変化への希望、放す愛が中心
回復期 自分の居場所を見出し、自信を回復する 家族の自信の回復

葛藤期

 他者との関わりに傷つき撤退します。ひきこもっていることに焦りを感じると、イライラして暴力を振るうこともあります。

自閉期

 2週間以上ひきこもっていると、ひきこもっていること自体がストレスとなり長期化します。まわりの人は、安心してひきこもりから脱出できるよう積極的に働きかけます。

試行期

 学校や社会に少しずつ復帰します。失敗と成功を繰り返しながら、少しずつ他者と関わる自信を回復します。家族は放す愛を与えます。

回復期

 学校や社会に自分が安心できる居場所を見出します。家族は自信を回復し、成長した子どもを信頼できるようになります。

もっと詳しいお話はこちらで

田村研究室では、ひきこもりや不登校に関するセミナーや講座を行っています。ひとりで悩まずぜひ顔を出してみませんか?

営業日カレンダー

 
9:30-17:30
18:00以降

 

お問い合わせフォーム

セミナー申し込み