六本木・広尾にある完全予約制・自由診療の専門外来。プライバシーに配慮し、十分な時間をかけた丁寧な相談を行います。

田村毅最新書籍

ひきこもり脱出支援マニュアル 家族で取り組める実例と解説
ひきこもり脱出支援マニュアル 家族で取り組める実例と解説 田村毅(著)
田村毅研究室メニューライン
セミナー情報
相談事例
タム研ニュース(メルマガ)

 

ごあいさつ ごあいさつ
相談の特徴 相談の特徴
相談の特徴 各種料金
相談の特徴 相談事例紹介
相談の特徴 田村毅の横顔
相談の特徴 相談の申込み
相談の特徴 リンク

タム研ブログ-田村毅研究室のブログ

 

 

定期セミナー
2017年度
家族療法グループ・スーパーヴィジョン
夏合宿のお知らせ

目的

 日常生活から離れ、高原の爽やかな空気の中で、支援者にとって必要な自己を見つめる集中グループワークを2泊3日の日程で開催します。奮ってご参加下さい。

 支援対象を語るためには、まず、自分自身を語れなければならないということは、誰でも理屈では理解できるものの、実際にはなかなかその機会を得ることができない。自分一人でできないこともないが、スーパーヴァイザーなど信頼できる他者と共に行うことが望ましい。
 我々は支援者としてクライエントの人生体験を理解し、その心理に共感する時に、自分自身の過去・現在の生活体験と、そこに含まれた感情体験を無意識のうちに参照している。それは意識しないだけであり、実際は様々な表現方法で自己を語っているはずなのだが、多くの場合そのことに気づいていない。夏合宿では、安全な場で改めて自己を語り直すことを目的とする。それは自己と向き合い、新たな発見と認知されるであろうが、実は、普段気づかずに表現している程度にとどまり、それを超えて新しい何かがつけ加わるわけではない。
 このようなトレーニングは心理療法の各派で行われている。ロジャースなどの人間学派ではエンカウンター・グループやフォーカシングで、精神分析では教育分析で自己の転移感情に気づく。私は「関係性」をテーマにしたシステムズ・アプローチに準拠しているので、自己との向き合い方は、家族内や家族外(社会)における過去および現在の関係性と、そこに埋め込まれた自己を見出すという手法になる。

参加資格

専門家としての守秘義務を遵守し、継続的に関わるケース(臨床事例)をお持ちの専門職(医師、看護師、臨床心理士、社会福祉士、精神保健福祉士、教師など)

期間

2017年8月3日(木)~5日(土)

場所

群馬県長野原町大津羽根尾別荘地内

日程

3日(木) 14-17時 セッション1

4日(金) 10-13時 セッション2 / 14-17時 セッション3

5日(土) 9-12時 セッション4

宿泊

車で15分ほどの草津温泉には多くの宿泊施設と温泉があります。各自で手配ください。

定員

8名 ※先着順で受け付け、定員に達したら締め切ります。

受講料

20,000円

※全日程参加が望ましいですが、部分参加も可能です。その場合も、受講料は同額です。

お申込はこちら

↑ページトップへ戻る

このサイトは、精神科医 田村 毅が、思春期相談(学校不適応・不登校・ひきこもり)、家族相談(親子関係、夫婦関係・離婚)、男性のメンタルヘルス(うつ病・職場不適応・職場復帰支援)など、ご本人やそのご家族をサポートを行うカウンセリング&クリニックの情報ページです。